TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 口コミ

f:id:yamazakura77777:20170302120458j:plain

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解!

 

 

参考書、通信教材、スクールなど…

 

他とは比較にならないほどのその言葉通り、国内最上級のメソッドです。


新形式のTOEICR試験で高得点を取りたいのであれば、このマニュアルが役立つはずです。

 

あなたがもし、

 

忙しい合間をぬって、何百何千もの単語や構文を暗記する…

 

正確な和訳、繰り返しの演習でスピードアップを図る…

 

様々な参考書、教材、スクールなどにお金を使う…等

 

このようなTOEICR攻略に奮闘しているとしたら、まずは、“試し”にでも今からお伝えする方法を実践してみてください。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 

 

 

 

あなたは、朝早くから夜遅くまで仕事をし、


帰宅後、強烈な眠気と戦いながら勉強したり、


週末を使ってスクールへ通ったり、


必死で単語や構文を覚えつつ練習問題をひたすら解きまくったり、


場合によっては仕事以上にプレッシャーを受けたりと、大変な思いをしながら、TOEICR試験に挑んでいるのだと思います。

 

そんな中、追い打ちをかけるかのように、TOEICR試験は大改定が行われました。

 

そういった状況の中で、偶然だとしてもこのページにたどり着いたことは一つの幸運だと言えます。

 

なぜなら、


あなたの悩みや不安を解決する“答え”がここにあるからです。

 

この問題は、新形式に変更されたあとの、シングルパッセージの例題になります。

 

まず、いったい何分でこの問題を解けるのかを実際に体験してみて欲しいのです。

 

※時間を計測しながら英語文書を読み解答してください。

 

 

f:id:yamazakura77777:20170302120857j:plain

 

いかがでしょうか。

 

 「解答には何分かかりましたか?」

 

1分以内で解答できましたか?

 

それとも、


3分ほど要しましたか?

 

もしかしたら、和訳している途中でやめてしまった方もいるかもしれませんね。


 実は、

 

「1分以内」


この時間が解答のリミットです。


シングルパッセージの問題は1分以内に解答する必要があります。

 

なぜかというと、“シングルパッセージ”の 英語文書問題に
1分以上の時間をかけてしまった場合、


TOEICR試験本番では絶対的に時間が足りなくなるからです。

 

つまり、


「解けない」「正解できない」という以前に、試験問題に取り組む時間そのものが足りなくなってしまうということです。

 

 試験で解答すらできないということは、当然、点数を取れるわけがなく、 必然的にスコアは下がってしまいますよね。

 

そして、「正答できる、できない」だけではなく、


 解答スピードが遅すぎるということも、


スコア低迷の大きな要因となってしまうのです…。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 

 

 

でも、心配する必要はありません。

 

英語が超苦手な人でもハイスコアは実現可能!

 

TOEICR試験を実際に受けたことがある方はご存知だと思いますが、TOEICRテストはリスニング(45分間・100問)、


リーディング(75分間・100問)、


 合計2時間・200問で構成されています。

 

ただでさえ一問にかけられる時間数が少ない上に、解答を迷ってしまえば、焦りと不安によって思考がさらに鈍り、


それによって、積み上げてきた能力の数割程度しか発揮できず、
目標スコアまでは到底達することができない、そういったテストです。

 

さらに、2016年5月にTOEICR試験は大きな変更が行われ、


 従来のやり方が全く通じない、


それくらい難しさが増したテストとなりました。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 

 

 

 

あらかじめ言ってしまいますが、TOEICR試験で高得点を取るのに必要な英語基礎知識なんて、


 実際、高校1年生程度の知識さえ身についていれば十分です。

 

TOEICR試験で高得点が取れないのは この「和訳して理解する」というやり方が原因

 

 「英語を日本語訳してから理解する」

 

スコア低迷の諸悪の根源とも言うべき一番の原因は、この「和訳」という日本の英語教育で永い間培われてきた方法にあるのです。


どういうことかというと、 私たち日本人の多くは、中学生の頃から「訳せ」「日本語に訳しなさい」「この単語は日本語で何?」
 「この構文は日本語でこういう風に訳す」


 「ここは、訳し下げるから覚えなさい」といった、
 正確な日本語訳をするための英語教育を受けてきました。

 

 頭の中で日本語に直して、意味を理解してから解答する。

 

そういったやり方を学んできた影響で、私たちは英文を見たら無意識のうちに何も考えず自動的に和訳し始めるという行動をしてしまうのです。

 

 「正確に日本語訳をしなさい」といった試験問題なら その方法でも良いとは思いますが、


TOEICRをはじめ、多くの英語試験はそのような能力など求めていません。

 

特にTOEICRは問題もすべて英語で記されていますから、全てをいちいち日本語訳していたら到底時間なんて足りませんよね。

 

何を聞かれているのか、


 何を求められているのか、


 英語を英語のままで把握する。

 

 最低でも、それくらいは身につける必要があるということです。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

TOEIC 和訳不要で「キーワードと公式」で超速解! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

英語 ビジネス翻訳家養成プログラム 口コミ

f:id:yamazakura77777:20170202102005j:plain

ビジネス翻訳家養成プログラム

 

 

 

英文の意味は理解できるのに、どうもうまく日本語にならない。


和文英訳がとても苦手なので、翻訳に自信が持てない。

 

あなたが、そう思うのも、無理はありません。

 

なぜなら、中学、高校はもとより、大学の講義でさえも、英文の意味を こなれた日本語に変換するコツは教えません。

 

また、圧倒的に英文読解の授業に時間が割かれ、和文を英訳するいわゆる「英作文」の授業は、


英語全体の授業時間からすれば、ほんの一握りでしかありませんでした。

 

つまり、あなたが受けてきた学校の英語教育では、


そのような訓練が、ほとんどといってよいほど組み込まれていなかったのです。

 

ですから、あなたが英文を上手に和訳できなかったり、和文英訳が苦手でも、仕方ありません。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ビジネス翻訳家養成プログラム

 

 

売れっ子作家になるには、才能が必要です。

 

文芸翻訳家にも、才能が必要です。

 

ビジネス翻訳には、才能はそれほど必要ではありません。

 

ただし、訓練は必要です。

 

それは、どんな職業に就く場合でも同じことです。

 

経理業務に就くには、会計や簿記の勉強が必要ですね。

 

それと同じように翻訳家として一人前になるにも、訓練が必要というわけです。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ビジネス翻訳家養成プログラム

 

 

 

ICAでは、20年以上にわたって翻訳会社を運営し、 「実務翻訳家」の養成も行っています。

 

その中で、まったく翻訳経験のない方たちが、「実務翻訳家」として活動するまでのプロセスを数え切れないほど、見てきました。

 

ICAでは、「英語は好きで、ある程度勉強したけど、
 翻訳の仕方がよくわからない」


という方にプロになるための教育サービスを提供しています。

 

いわゆる翻訳家になるための訓練を受けて頂いているのです。

 

 

CAの修了生には、社内翻訳者、あるいは在宅翻訳者として、
 活躍している方が大勢います。

 

もちろん、それぞれの方が、忙しい合間を縫って熱心に取り組まれたからこそ、そうした結果が出たのだと思います。

 

ただ、いくら頑張っても、学習する内容が現場で使えないものだと、即戦力にはなりません。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ビジネス翻訳家養成プログラム

 

 

 

仮に、あなたがICAのビジネス翻訳家養成プログラムを受講したら、 と想定して、具体的にお話します。

 

あなたは、ICAのプログラムを終えた後、 派遣で、翻訳が必要な業務に就くことになりました。

 

上司から「これ、明日までに翻訳頼むよ」と渡されたのは、なんと、マーケティングの文書。

 

中身をみると、専門用語のアラシです。

 

ちょっと紹介すると・・・、

 

「製品差別化戦略

 

「市場細分化戦略」

 

「製品多様化戦略」

 

「SCM」

 

普通なら、「くらぁ~」っとしそうなものです。

 

でも大丈夫。

 

ビジネス翻訳家養成プログラムの教材には、これらの言葉が、すべて掲載されています。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ビジネス翻訳家養成プログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題 グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

f:id:hanamizuki99999:20161124210314j:plain

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

●仕事で英会話が必要になってきたが、ビジネス英語の経験がない・・


●ペラペラでなくてもいいから、とにかく通じる英会話を習得したい・・


●外国人からの電話だと緊張して、うまく英会話ができない


●言いたいことが英語で出てこない・・


●会議やメールがすべて英会話になってしまい、まったくついていけない

●ビジネス英語はほとんど使ったことがなく、苦手である

 

●ネイティブのような正しい発音や文法でないと、英語を話すのが恥ずかしい・・


●日常英会話より、ビジネス英会話の方が難しいと思っている・・
 

◎YESが2?3つ以上ある方へ

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

きっと、あなたの英語に対する考え方が大きく変わり、世界中の人達とビジネス英会話を自由に楽しむことができる


 その答えをきっと見つけることでしょう。


これまでの英語教育界では無視されてきた!

 

日本のビジネスマンが英語を話せない「本当の理由」とは?

 

今の日本では、小・中学校の義務教育から長い間英語を学び、


また、巷には英語のスクールや教材が数多くあるのに、なぜ、日本人の多くは英語を話せるようにならないか?


 不思議に思ったことはありませんか?

 

実は、そこには、学校や英会話スクールでは絶対に教えない、また、私達の日本人の多くが知らない「意外な理由」があるのです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

よく、日本人が英語を話せないのは、暗記型の受験英語ばかりやってきたから、文法重視で実際に話す訓練をしなかったから、とかいろいろな理由があげられます。

 

 

確かにそれも要因なのですが、でもよく考えてみてください。


受験勉強はそれこそ、海外の国でもあるし、今の日本の学校では、英語を話すための授業もやっています。

 

実は、そこには、これまで英語教育者や英語スクールが、まったくといいほど触れてこなかった、日本特有の問題があるのです。

 

それは・・

 

現在の日本の英語教育、英会話スクール、教材のほとんどは
 いわゆるネイティブ(米英を母国とする)英語をベースとしていることです。

 

 

そして、いまだ多くの日本人は正しい英語=米英のネイティブ語であると、信じこんでいます。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

 

無理にネイティブのようにうまく話そうと思うから、英語が話せなくなるのです。

 

そして、ビジネス英会話によるコミュニケーションでは、正しい発音、正しい文法、たくさんの単語を無理に覚える必要はありません。

 

一見不思議に思われるかもしれませんが、これは本当のことなのです。

 

もし、あなたが異文化の人達とのコミュニケーションの原理とコツを知り、必要最低限の単語、文法さえ理解してしまえば、まるで、これまでの自分がウソのように、外国人とカンタンに英語で話すことできるようになります。

 

 

そして、ビジネスの英会話では、まったくネイティブのような
発音で話せなくても十分に通じるし、正しい文法ではなくてもまったく問題ないと。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

どうやったら、自分が言いたいことを英語にすることができるのか?

 

そんな時、たまたまインターネットで「英語パラフレーズ会話術」という方法を知りました。

 

この会話術のポイントは、「やさしい言葉に言い換えて、知っている英語で言ってみる」ということだったのですが、要約すると、こういうことでした。

 

 

1)まず、何も考えずに英語で言いたいことを日本文にする


2)その日本文をシンプルでわかりやすい文章に変換する


3)自分が知っている単語やフレーズでそれを英語にしてみる


4)発音してみる

 

例えばこんな感じです。

 

イチローがアメリカで活躍していますね」

という内容を英語を伝えようとしたとします。

 

「活躍」って、英語でなんて言うのだろう?

 

となると、そこで言葉が詰まり、終わってしまいます。

 

そうではなく、「活躍」という言葉を別の日本語に置き換えてみるのです。

 

例えば、「活躍=良いプレイヤーで人気がある」というように。

 

そして、今度は「彼は良いプレイヤーで人気がある」を英語に変換してみます。

 

Ichiro is a good player and is popular in USA

 

どうでしょう?

 

これだったら、「活躍」という単語を知らなくても伝えることができますよね。

 

こんな感じで、アウトプットの練習を繰り返していくと、 どんどんスムーズに英会話ができるようになるという方法です。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

グロービッシュ式ビジネス英会話マスター実践プログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口コミ 自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座

f:id:hanamizuki99999:20161115101015j:plain

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座

 

 

これからこのページでは、あなたに

 

・英語を話すために絶対に必要なネイティブが子供時代に備えるある能力と

 

・その能力を手っ取り早く使いこなすための13の質問フレーズと基礎話法

 

についてお話ししていくのですが、

 

その前に、もし万が一、


 

TOEICなどの英語試験で高成績を目指している

 

・文法書的な完璧な文法を身に付けたいと思っている

 

のであれば、そういった事にはこれからお話しする事はむしろ逆効果となります。

 

なぜなら、

 

「文法書的な文法」と「英会話の文法」はまったく別物だからです。

 

そして今からお話しする「英会話の基礎能力」は「試験英語脳」を一度やめて頂かないと身に付ける事は不可能だからです。
 

 

なので、これからお教えする基礎話法は


 

・海外に行く予定がある、もしくはもう海外にいる

 

・職場で英会話が必要になった

 

・すでに英会話学校にチャレンジしていたり、外国人と話す機会がある、話したいと思っている

 

といった、英語を話す事を目的にしているあなたを救うためにあります。

 

そして、

 

・文法や語順が苦手

 

・中学英語もままならない

 

・話そうとすると頭が真っ白になる

 

・単語で会話になってしまう。

 

あなたがまだそういったレベルだとしても大丈夫ですし、それこそこの話法を介する事でそれらの悩みを一挙に解決してしまうのが一番です。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座

 

 

この話法を身に付ける事で、今まで難しいと感じていたはずの言葉のつむぎ方がスッキリと頭で分かるようになり、あっという間にネイティブに褒められるほどに自在に話せるようになります。

 

 

少なくとも我々は義務教育中はずっと英語を勉強してきましたし、世の中には星の数ほどの英会話教材やレッスンが溢れていますよね。

 

 

それでもなぜか諸外国に比べても世界でもビリと言われ続けるほど英語を話すのが苦手なのが日本人なわけですが、

 

これは決して我々日本人には特別英語の習得が難しいとか

 

自分には才能がないとかそういう事ではなく、

 

実は教える側や学び方に問題があるのです。

 

本当は誰でも年齢や頭の良い悪いに関係なく、英語は話せるようになります。

 

その証拠にあなたは今、日本語を話せていますよね。

 

同じように英語を話す事だって出来るようになります。

 


従来の学習法であなたが成長できなかった「ある原因」
 

 

例えばあなたも

 

フレーズ集や単語帳のような暗記本、音読教材や聞き流しCDなど

そういった「覚えれば話せる系教材」を手に取った事があるかもしれませんし、

 

SKYPE英会話や英会話スクール、英会話カフェのような
外国人による直接レッスンも受けた事があるかもしれません。

 

確かにこれらの方法で本当に英語が話せるようになる人もごく一部ですがいます。

 

ただほとんどの人はそれではうまくいってない事は、あなたもご存知の通りです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座

 

 

 

なぜなのか?

 

それはそのごく一部の話せるようになる人と、ならない人には

ある能力の決定的な差があるからなんです。

 

例えば、今言った、暗記、音読、聞き流しのような「覚えれば話せると謳う教材」ですが、

 

実際に外国人と話してみると、多くの人は教材で覚えたはずの単語やフレーズが口からまったく出なかったりします。

 

あなたも頭が真っ白になったなんていう経験があるかもしれません。

 

それは自分の言いたい事を言うためにどのフレーズや単語を使えばいいのかが暗記ではちゃんと分かってないからなんです。

 

理解という過程を省いてただ漠然と暗記した所で、その単語やフレーズを使ってセンテンスを紡ぐ能力

(覚えた単語やフレーズをその場にあった形に組み合わせる力)がなければ話せないのです。

 

例えば、あなたは「それとって」と英語で頼めますか?

 

「取るって英語でどう言うの?Do you?で聞けばいいの?」とこんな簡単な一言でも考えてしまうと思います。

 

これは根本的に英単語やフレーズの基礎的な使い方を理解出来てないため、こういった疑問が湧いてしまうのです。

 

もちろんこんな状態で外国人による直接レッスンを受けても成長しないのは目に見えてますよね。

 

なぜなら、こんな状態では、

 

・質問したくても、英語でどう言えばいいのか分からない(センテンスが作れないため)

 

・相手がゆっくり簡単な言葉を使って説明してくれても、相手の説明(センテンス)の意味がいまいち分からないので、分からない事が分からないままになり、成長しない。

 

・相手の質問にうまく答えられない(同様にセンテンスが作れないため)

 

という状態になってしまいますので、成長しようのないレッスンになってしまうわけです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座

 

 

こういった外国人によるレッスンは、すでに英会話の基礎的な構造が分かってる人には

 

理解をより深めたり、より正しい言い回しや新しい言葉を相手から吸収できるため非常に有効ですが、

 

出来てない人が受けても、むしろ英会話は難しい、怖いと、

恐怖心や苦手意識を増してしまうだけになってしまったりもします。

 

そして、そのセンテンスの構造を理解するために、今度は

文法書や中学生英語やり直し本などを手に取り、

 

気合いを入れてしっかり1からやり直そうとするわけですが、

 

難しかったり、つまらなかったりして続かず、

 

結局「自分でも出来そうなのがこれしかない」という不毛な理由で覚えれば話せると謳う教材に奇跡を信じてまた手を伸ばしてしまう。。

 

その手の教材ではダメだったから、ネイティブレッスンや文法やり直しにチャレンジしたにも関わらず、また同じ事をやってしまうのです。

 

それでは成長しないと内心分かっているのに、不安を打ち消すかのように実りのない努力に多大な時間とお金と神経を浪費する。。

 

そんな

 

何をやっても英会話が一向に成長しない負のループにハマる人も少なくありません。

 

もしかしたらあなたもそういった状態が脱却したくてこのページを読み進めているかもしれません。

 

でもご安心を。先ほども申しました通り、

 


教える側の教え方や学び方に問題があるだけであり、学習の仕方を変えれば、あなたもちゃんと話せるようになります。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単語を暗記することなく英会話を話せる。初心者でも実践できる日本初のプログラム。 口コミ レビュー

f:id:yamazakura77777:20170118022944j:plain

単語を暗記することなく英会話を話せる。初心者でも実践できる日本初のプログラム。

 

 

 

英会話スクールに通ったけど、全然、英語が話せるようにならない…


ネイティブに話しかけられると、とっさに英語が出てこない…


基本的な単語や文法は知っているけど、英会話となると上手く話せない…


そんな風に、あなたが今、英語がまったくできなくてもご安心下さい。


というのも、あなたが英語を話せないのは、とても簡単な理由によるものだからです。

 

それは、今まで英語を口に出してきた量が圧倒的に足りないということです。

 

英語学習は、筋トレに似ています。

 

普段、腕立て伏せをしていない人が、いきなり腕立て伏せをしても3回もできないかもしれませんが、

 

毎日、腕立て伏せをすることで、筋肉がつき腕立て伏せをできる回数が増えていきます。

 

 

これと同じように、スピーキングパワーでは、毎日、5フレーズずつ英語を口に出す練習をします。そして

 

、2週間で初心者を卒業し、30日で中級者を卒業。60日で、300場面の英語を口にできるようになります。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

単語を暗記することなく英会話を話せる。初心者でも実践できる日本初のプログラム。

 

 

 

f:id:yamazakura77777:20170118023111j:plain

 

 

日本一の英語コーチであり、プロの同時通訳者の奥村 美里様も語っているように、日常英会話を話せるようになるには、

 

「ネイティブが使っているフレーズを覚える」ことが一番の近道です。

 

プロの同時通訳者も普段から実践している一人でもペラペラになれる英会話の練習方法


では、どうすれば、一人でも英会話を話せるようになるのか?

 

これについて、とっておきの方法があります。


それは、「シャドーイング」という英会話練習方法です。

 

実は、このシャドーイング、プロの同時通訳者たちが、

 

普段から英語力をブラッシュアップするために実践しているという効果抜群の学習法なのです。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

単語を暗記することなく英会話を話せる。初心者でも実践できる日本初のプログラム。

 

 

 

何が効果抜群なのかと言うと、シャドーイングをすると、スピーキング力、リスニング力、発音が全て同時にメキメキ上達するのです。

 

シャドーイングの方法は、テキストを見ないで、音声にワンテンポ遅れてついていきながら、音声をそっくり真似して声を出していきます。

 

ネイティブがまるで小さな子供に話しかけるように、一語、一語をはっきりと、ゆっくりと話せば、

 

どんな英語初心者でも、シャドーイングができるようになるからです。

 

小さな子供に話しかけるように話す早さは、「スーパースロースピード」と名付けました。

 

スピーキングパワーの初心者編では、スーパースロースピードの音声をシャドーイングすることで、

 

どんな初心者でもわずか2週間ほどで英語が口から飛び出すようになります。

 


日本語で考えることなく、スラスラと英語を話せるようになるには…


日常英会話を話せるようになるには、「ネイティブが使っているフレーズを覚える」ことが重要だとお伝えしました。

 

でも、ただ英語フレーズを丸暗記しただけでは、英会話はできるようになりません。

 

なぜなら、フレーズを暗記しただけだと、

 

「ネイティブにこう言われたら、このように返事をする」といったように、瞬時に正しく返事ができないからです。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

単語を暗記することなく英会話を話せる。初心者でも実践できる日本初のプログラム。

 

 

 

では、どうすればいいかと言うと、会話を覚えるようにすることです。

 

たとえば、「I got it!」(わかった!)というフレーズを使いこなせるようになりたいなら、そのフレーズを使っている会話を覚えるようにします。

 

 

300場面の全てのダイアログは、初心者でも、英語を話しやすいように、1語~5語の簡単な短い英会話フレーズで構成されています。

 

英文の執筆は、プロのアメリカ人作家が担当し、「予定を聞く場面」、「ランチに誘う場面」など、

 

まさに普段のありとあらゆるネイティブの日常会話やビジネス会話の場面をダイアログにしました。

 


このプログラムには、300以上の場面(シチュエーション)の動画がついてきます。

 

向けの学習法だと思われてきましたが、スーパースロースピードを導入することにより、その常識を覆すことに成功しました。

 

英単語すら、なかなか口から出てこない超初心者でも、2週間ほどで、スーパースロースピードで、シャドーイングをできるようになります。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

単語を暗記することなく英会話を話せる。初心者でも実践できる日本初のプログラム。