スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川口 奈美子 「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。 口コミ

f:id:yamazakura77777:20170216214940j:plain

川口 奈美子 「うつ病パニック障害自律神経失調症」改善法。

 

 

何故人間はうつ病パニック障害自律神経失調症になるのか?


この先、うつ病パニック障害強迫性障害などを「精神疾患」、不眠、生理不順、めまい、頭痛などの


自律神経失調症に伴う症状を「不定愁訴」と呼びます。


 精神疾患不定愁訴が起る原因は共通して、脳幹という脳の一番奥にある、


 体の原始的な機能を司る部位の機能障害により起ります。

 

代表的なものが「うつ病」です。

 

セロトニンの分泌が減少、または再取り込みが阻害されているという理由で起こるといわれている病気です。


 病院では上記の神経伝達物質の正常な分泌を改善する為に、
 様々な抗うつ薬を処方されます。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。 

 

 

安定剤や睡眠導入剤はあくまで症状を一時的に緩和させるもので、症状を改善するための薬ではありません。


仮に一時的に改善したとしてもそれは根本的な改善にはなっていません。


いずれ再発します。


根本的な原因である「神経伝達物質」が何故、正常に分泌されていないのか?


という問題が改善されていないからです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。

 

 

精神疾患不定愁訴を患う方の見た目の特徴は、ほぼ全ての方が、「あご」が前に出ている事です。


あごが自然と引けてなく、前に出ているか更に上に上がっています。


あごが前に出ていると首の後ろ側を圧迫されます。


この圧迫が脳幹の機能不全を招き、各部位の機能を低下させて、
身体にありとあらゆる精神疾患不定愁訴を生み出します。

 

 整体やカイロプラクティックでは頚椎(第1、第2頚椎)の歪みを
物理的に取り除くことで脳幹への圧迫をなくします。


しかし、頚椎の誤った湾曲(歪み)のみをアプローチしても
根本的な改善には結びつきません。


頚椎の歪みをもたらす根本的な原因を改善しなくてはなりません。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

口コミ 薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

f:id:yamazakura77777:20170119063852j:plain

薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

 

 

 

目指すのは

 

・不意に襲い来る不安感からの解放


・絶えず頭を離れない自己嫌悪からの解放


・20年間苦しみ続けてきた「うつ」からの解放


・長年の自殺願望からの解放


・手放せなくなっていた薬からの解放


「うつ」再発の恐怖からの解放

 

・・・あなたのあらゆる「うつ」の悩みを解消させていただくことです。

 

「本当?」、あなたはそう思われるでしょうか?


 実績に基づいた「うつ」を克服するための正しい方法さえ知ってしまえば、


「うつ」から抜け出すことは、あなたが思っているほど難しいことではありません。

 

 

f:id:yamazakura77777:20170119064131j:plain

薬を使わない精神科医 宮島賢也 
湯島清水坂クリニック院長
国際メンタルセラピスト協会専務理事

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

 

 

自身が「うつ」を克服した経験に基づいて研究を重ね、どなたでも実践できるような独自の治療法、


 「自己メンタルセラピー」を構築しました。

 

その結果、今では「薬を使わない精神科医」として「うつ」の患者さんを治療できるようになりました。

 

 薬を使わない療法によって、多くの方が「うつ」を克服して楽に生きてくためのお手伝いをしています。

 

 「でも薬を使わない治療法なんて・・・」

 

あなたはそう思われるかもしれません。

 

しかし、薬を使わずに「うつ」を改善するコツは驚くほどシンプルで、改善の可能性も極めて高いのです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

 

 

 

今現在

 

・病院に通われているかもしれません。


・薬を服用されているかもしれません。


・カウンセリングを受けているかもしれません。


認知行動療法をされているかもしれません。

 

でも、改善が見られない・・・


 そんな自分に自信をなくし、焦っている状態ではないですか?

 

長年にわたり多くの患者さんの「うつ」と向きあう中で、改善のために頑張り過ぎることはむしろ、


 「うつ」を悪化させているという事実に気がつきました。

 

そこで、それまでの「うつ」に対する考え方を変えて、どなたでも心と体を楽にすることのできるメソッドを構築しました。

 

そして「自己メンタルセラピー」と名づけて世の中に紹介しています。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

 

 

 

「うつ」の症状は、

 

過度なストレスを受けているという体からのメッセージにほかなりません。

 

私たちが病気と呼んでいる病状自体が「ストレスを受けているよ」という、苦しい状態に対する警報であり、

 

例えば、

 

・頑張りすぎ


・悩みすぎ


・イライラしすぎ


・薬の飲みすぎ

 

などへの警告、あるいは、身体が「休みたい」と叫んでいる、切実な内なる声ではないでしょうか。

 

にもかかわらず、一般的な今の治療ではその重要な警告を薬で止めてしまいます。

 

しかし、


警告が出ているのなら、それは原因を直すべき時なのです。

 

そのことを知りさえすれば、薬を使うことなく、「うつ」を根本から克服することができるようになります。
 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口コミ トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

f:id:hanamizuki99999:20161120095528j:plain

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

 

 

あがり改善に関する情報は今や、書籍、教材、セミナーなど様々な形で知る事が出来ますが、その95%以上は、

 

元々あがり症だった方


カウンセラー


話し方教室の先生


セラピスト


 いずれかの方が書いたものであるという事をご存知でしょうか。


 別にこれが良いとか悪いかという事は一切ないのですが、一つ、とても気になることがあるのです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161120095856j:plain

 

 

「”具体的”なあがりの克服法」を強調する理由

 

一度でも、あがり症に関する書籍や教材に目を通したり、セミナーに出た事がある方は共感して頂けると思いますが、 一般的なあがり改善法というのは、


「簡単にそんな事が出来れば苦労しないんだけど」


 思わずため息を漏らしてしまうような方法ばかりなのです。

 

抽象的な表現や、心構えが多く、言ってる事はわかるけど、実際どうやったらいいものか。


そう感じる方がほとんどではないでしょうか。

 

「うゎ~!こんなにすごい事を教えてくれるんだ!」
と思うのか、


「ウソでしょ?こんな当たり前な事を教えられるだけなの?」

 

と思うのかはあなた自身の判断ですが、「これで充分わかった!」


という方は、あがり症改善にお金を払う必要はありません。


 市販書籍すら必要ないでしょう。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

 

 

本教材は、


「心構えばかり教えられても納得出来ない」


「もっと具体的に何をすればいいのか教えてほしい」


そんな方達に向けたものです。

 

具体的で実行しやすく効果がある方法のみを採用し、あがり症改善の教材やセミナーでは触れられる事のない方法も多数収録しています。

 

この教材に書かれているあがり克服法の内容

 

一口にあがり症と言っても、


・電話をするだけで緊張する


 ・面識のない人と会話すると緊張する


 といった日常的なあがり症もあれば、

 

・大勢の前で話すと焦って訳がわからなくなる


・人前では緊張して普段通り振る舞えない


一般的によく言われるようなあがり症もありますが、本教材ではどちらにも対応しています。

 

そして、あがり症を改善するには・精神的な問題 ・技術、経験、準備による問題

 

この2点を解決する必要があります。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

 

 

この教材のあがり改善編に書かれている事とは。


緊張や不安を3~5分で消し去る方法

 

まずは、緊張や不安、失敗への恐怖心をキレイさっぱり消し去るトレーニングをします。

 

緊張や不安を「消し去る」というのがポイントで、緊張しない方法を覚えるとか、失敗してもすぐに立ち直れる精神力を身につけるとか、そういった事ではなく、


「ガタガタ震えて緊張しても、ある事をやれば、 緊張という気持ちそのものが消えてしまう」という事です。

 

普段からのトレーニングを必要とせず、 本当に、「パっとやって、すぐに緊張や不安がなくなる」こんな感覚です。

 

日本ではほとんど知られておらず、使われているとしても医療系やメンタルセラピスト系がほとんどなのであがり症の改善や、話し方教室などでこの方法を聞く事はまずありませんが、


特別な道具を必要とする事はないので、お金はかかりません。


自分の体一つで、いつでもどこでも効果を発揮する事が出来ます。

 

最初はやり方を覚えたり、準備をしたりで、30分~60分ほどかかると思いますが、慣れてくれば3~5分で行うことが可能です。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル 口コミ レビュー

f:id:hanamizuki99999:20161111225114j:plain

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

 

 

このマニュアルは、多くのアスペルガー症候群ADHDなどの発達障害の方の問題や症状を改善するべく臨床結果とその臨床結果の原因をより調べ、そして実際にアスペルガーの方に改善の効果があったものをまとめてアスペルガーの改善に有効なものだけをマニュアルとしてまとめています。

 


 (アスペルガー症候群ADHD発達障害を含め以後アスペルガーと表示します。)

 

そして当社にて実際にアスペルガーの方の改善プログラムとして使われている内容になります。


医学では治らないとされている発達障害ですが、その治らないとされる現代医学の常識には影響されず臨床結果と臨床経験を基にしてアスペルガー改善の最前線の改善方法として書かれています。

 

ですから病気ではないから治らないとか、脳機能の障害だからしかたないなどの考えは一切ありません。それに治すことを目的としていない療育や行動分析のような対処法のマニュアルでもありません。

 

純粋にアスペルガー発達障害の方の症状を根本から改善するためのマニュアルとなっています。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

 

 

このためアスペルガーについての特徴や原因、対処法などの一般的な知識についてはあまり触れていません。


一般的なアスペルガーについての知識を持っている方、もしくはそれでは物足りないと感じる方のための発達障害を改善するための実践的なマニュアルとなっております。

 

 

一般的なアスペルガー発達障害についての知識として学びたい方は、書店で書籍を購入するかインターネットでアスペルガー症候群発達障害について調べられることをおすすめ致します。

 

 

そしてこのマニュアルは、その一般的な現在の医学や常識では説明できません。


 医師や専門家も知らない、関知できない本当のアスペルガーの情報が多く含まれています。


そしてそのアスペルガーの症状を改善する目的のためだけに作られているのです。

 

より本当のアスペルガーを知り、改善するための改善マニュアルとなっております。

 

この改善マニュアルを読み、本当のアスペルガーを知り、実践することで一人でも多くの方がアスペルガーを気にしない自由な生き方ができることを願っております。

 

 

そしてこれからも一人でも多くの方がアスペルガーから解放され自分らしい自由な人生を歩まれることを願っております。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

 

 

医療ガイドライン


医療関連商品につきまして、その病気や症状が「完治する」、「克服できる」といった表現が多く見受けられますが、病気にはさまざまな症状、病状があり、効果には個人差がございます。

 


このサイトに訪れていただいた方に誤解を与えるような「誇大表現」は排除して医療ガイドラインに則り、真実を述べるよう最大限の配慮をしております。

 

 

アスペルガーADHD発達障害と診断されたが治し方がわからない。


自分はアスペルガー発達障害ではないかと思うが、どうしていいのかわからない。

 
●人からKYとかアスペルガーではないかと言われてしまう。

●家族にアスペルガーADHDなど発達障害の方がいる。

●お子さんが発達障害と診断されたが、どうしたら良いかわからない。

発達障害の対処法ではなく、改善する方法が知りたい。

●何を勉強しても対人コミュニケーションが上手くいかない。

●がんばっているのに人間関係が長続きしない。

●同じ仕事が続かないとお悩みの方。

●いつも職場で孤立してしまいがちな方。 

自律神経失調症パニック障害うつ病などと診断され通院しているけど治らない方。

●何も誰もわかってくれないと諦めの中で苦しんでいる方。

●なんで自分がこんな思いをするのかと恨みに近い感情がある方。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

 

 

Q1 アスペルガー発達障害を治したい、改善したいと思ったのはいつ頃、どんなことがきっかけでしたか?
A 去年辺りから、発達障害の自覚があったので、治せるのなら治したいと。

 
Q2 他にアスペルガー発達障害を改善する方法を知っていますか?
A 知らないです。知りたいです。

 
Q3 アスペルガー発達障害で、一番困っていたことを教えてください。
A 仕事が上手くいかないことです。

 
Q4 それらの困った事を今まで、どう対処されていましたか?
A 対処出来ていませんでした。

 
Q5 このプログラムを使ってアスペルガー発達障害は改善しましたか?
A はい。自分のいろいろな症状の原因が分かった点が凄く嬉しいです。

 
Q6 具体的には何が改善されましたか?
A イライラがある程度、除去されたので、字も以前よりは丁寧に書けるようになった。

 
Q7 改善されて何が変わりましたか?
A 身体が軽くなりました。心も軽くなりました。フラッシュバックが軽減された。

 

Q8 改善された自分は何ができそうですか?
A 以前よりは集中力が出てきたので、いろいろな物事に取り組めそう。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口コミ 【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

f:id:hanamizuki99999:20161110162533j:plain

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

 

 

これまでに300名以上の強迫性障害者を救ってきた、6週間以内に強迫性障害強迫神経症)改善を実現する特別なプログラムをご用意しています。

 

 

あなたに用意して頂くのはノートとペン、それとエクササイズの時間だけです。

 

ご自宅で、お一人で、空いた時間に行ってください。

 

プログラムを開始して6週間後、あなたは強迫性障害を根本から改善することができ、煩わしい強迫行為から解放されていることでしょう。

 

 

また、激しい動悸や、呼吸が苦しくなったりするような緊急時に、その症状を和らげるテクニックを紹介した「応急処置マニュアル」もご用意しております。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

 

 

f:id:hanamizuki99999:20161110162722j:plain

 

 

これらの症状を「ただの性格」だと思って見過ごさないでください。

 

それは、強迫性障害(きょうはくせいしょうがい)、強迫神経症(きょうはくしんけいしょう)という「心の病」があなたに危険を知らせてくれている大切な“シグナル”です。

 

 

まずあなたに伝えないといけないことは、一度発病すると重症化しやすい特徴があるということです。

 

ある調査機関がとった統計によると、強迫性障害を発症したひとの50%は重症化し、軽症といえるひとは14%にすぎないといわれています。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

 

 

 強迫性障害ははじめから重度の強迫症状ではじまるわけではありません。

 

●ただのきれい好きだと思っていた入念な手洗いが、次第に何度も手を洗わないと気が済まなくなり、過剰な手洗いを繰り返すようになる

 

●ガスの元栓やコンセントの確認を何度も確認をしないと安心できなくなり外出することが困難になる

 

●目に見えないバイ菌が怖くてドアノブすら触れなくなる

 

 そして、その結果

 

●無気力になって、何もしたくなくなる


●仕事や学業に支障をきたすようになる


●人間関係にひびが入る


●家から出られなくなり、引きこもってしまう


 
などと、例を挙げたらきりがないのですが、多くのひとが原因不明のこの病に苦しみ、刻々とその症状を悪化させているのです。

 

また、症状が悪化するだけではなく、かなりの割合のひとが「うつ病」などの心の病を併発することが分かっています。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

 

 

このメソッドを上手く使えば、強迫性障害を改善するだけではなく、潜在意識に内在した“いらない認識”を面白いように“書き換える”事ができます。

 

 

たとえば、「毎朝早起きしたい」とあなたが思っているとします。でも、朝になるとどうしても、何ともいえない感情が邪魔をしてベッドから起き上がるのを妨げてしまいます。

 

 

これは、ただ単に「朝に弱い」というだけの話ではなく、多くの場合、頭の中に「朝ギリギリまで寝ておくことが自分にとっての喜びだ」という認識がインストールされているためです。

 

 

その自分でも気付いていない“認識”が早起きという行動を妨げているのです。

 

 「禁煙したくても出来ない」という人は世の中には沢山いますが、これも同じ原理で、この人たちの中には「何事も煙草があってはじめて、100%楽しむ事ができる」という認識があり、これが在る限り、いくら頭の中で「禁煙したい」と思っていたとしても、どうしても上手くいきません。

 

 

 

このような、“自分にとって非合理的な認識”を「意図的に書き換える」事ができれば、何かを達成することなど、ウソのように簡単にできてしまいます。

 

 

 言い方を変えると、自分自身を、理想的な自分に変化させることが自由にできるようになるのです。

 

これを強迫性障害に活かす事こそが、強迫性障害改善メソッドなのです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。