スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD 口コミ

f:id:yamazakura77777:20170125131258j:plain

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

もしも、あなたが


「子供の非行・不登校・ひきこもりを解決したい!」


 「もう、自分ではどのように我が子に接したら良いのか分からない!」


と悩んでいるのなら、お読みください。

 

今まで、28年間で2000人以上の、「非行・不登校・ひきこもり」など、子供に関する問題の相談にのり、

 

200人以上の子供と寝食を共にしながら、子供の問題を解決へと導いた、

 

「ご自宅で、非行・不登校・ひきこもりを解決する方法」のすべてをあなたにお教えします。

 

 

f:id:yamazakura77777:20170125131720j:plain

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

子供が“非行・不登校・ひきこもり”になる原因が心の底から理解でき、 今日からどのような考え方をし、

 

行動を取り、子供と接すれば、 解決へと導けるかという正しい解決方法を手に入れることができる。

 

と聞くと、あなたは「怪しい」「嘘だ」と思うかもしれません。


しかし、私の方法を試された2000人以上のご両親が、短期間で子供の「不登校・ひきこもり」を解決することに成功されています。


早い方ですと、10年以上のひきこもりを1日で解決した事例もあります。

 

なぜ、こんなにも短期間に「非行・不登校・ひきこもり」を解決できるようになるのか?

 

 一体、私が、ご相談をお受けしたご両親に対してどのようなアドバイスをしているのか?

 

また、私が子供へどのようなことを話しているのか?

 

その秘密を包み隠さずに公開します。

 

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

 

もしかしたら、「私だって、子供の話は聞いてあげている」と、あなたはそう思うかもしれません。

 

しかし、実は、ここには、とても大事なポイントがあります。

 

そのポイントは、子供の要求を100%受け入れてあげるという事です。

 

90%ではだめなのです。あなたが子供の要求を100%受け入れるということがとても重要になるのです。

 

しかし、ほとんどのご両親は、この100%が出来ないのです。

 

おそらく、あなたも「子供の要求を100%受け入れることなんて出来る訳がない」と思っていませんか。

 

なぜかというと、子供の話というのは、時として間違っている事が多いから、「子供の100%の要求を受け入れることは難しいと感じてしまうのです。


子供の年齢が思春期に近いほど、常識とは離れた事を子供は親に言ってきます。


あなたも心当たりがあるのではと思います。

 

「なんで、この子は、こんなわがままな事を言うんだろう・・・」


 「なんで、私を困らせるような事を言うんだろう・・・」


そう思ったことはありませんか?

 

こんなわがままを子供から言われれば、子供の為に正しい事を教えてあげるのは、親として当然のことです。

 

ですから、「子供の要求を100%受け入れるなんて、とても出来ない。」と思うのも無理もないと思います。

 

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

この「彼らが望む事を、望むようにしてあげる」事を、「過保護」と表現しています。

 

おそらく、あなたがイメージしている「過保護」の意味とは違うのではないでしょうか。

 

どちらかと言えば、「過保護」に育てるというと、悪い子育てのイメージとしてとらえていると思います。

 

多くの人が勘違いしているのは、例えどんなに世間的に正しい事であっても、子供の為になる事であっても、

 

子供本人が望んでいなければ、それは「過保護」ではなく、「過干渉」と言います。

 

例えば、親が子供におもちゃを買ってあげたとします。

 

子供がおもちゃを買って欲しいと望み、買ってあげたのなら、「過保護」ですが、親が勝手に喜ぶだろうと思って買ってあげたのなら、それは「過干渉」なのです。

 

それから、子供を「過保護」にしすぎると、もっと要求をエスカレートさせてくるかもしれないと思う親もいますが、これは大きな間違いです。

 

あなたが子供の言うことを聞いてあげればあげるほど、あなたがこれは聞いて欲しいといういうことに対して“きちんと聞いてくれる子供”になるのです。

 

もし、あなたの子供が言うことを聞かない子供だったとしたら、子供の方も、「うちの親は言うことを聞いてくれない親だ」と思っていることは確実でしょう。

 

親が「うちの子は、これを望んでいるはずだ」と思っていることを子供にやるのではなく、

 

子供が親に対して望んでいることを、親はきちんと理解し子供の望みに対してこたえてあげることが 正しい「過保護」の姿なのです。

 

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

子供の非行・不登校・ひきこもり解決DVD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

口コミ 「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD

f:id:yamazakura77777:20170118144125j:plain

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD

 

 

 

しつけ教室や警察犬訓練所などで、動物行動心理学に基づいたしつけや訓練を行っても、

 

なぜ問題行動が改善されないのかなどを脳科学の視点から分かりやすく説明をしています。

 

その他、ストレスの反応や心理学についても非常に分かりやすく説明をしてありますので、

 

犬という動物に対してどう接したらいいのかが、しっかり理解できる内容になっております。

 

 犬の習性や本能等について、また脳科学・ストレス学・心理学に基づいてわかりやすく説明しています。

 

犬をしつけるには犬という動物を知らなくてはなりません。 犬のしつけ育成は原点の考え方がとても重要です。

 

このマニュアル本はご愛犬を愛する方の最適なバイブル書になることでしょう。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD

 

 

 

ご褒美をあげる代わりに「おすわり・まて」などをさせるしつけ方や育成方法が間違っていると考えています。

 

この方法では、良い心理は育めないということは心理学の世界から見ても明らかです。

 

現在日本の多くの方がやっているしつけ方法は、

 

「おもちゃをあげるから、おすわりしてね」


「おやつをあげるから、こっちへ来てね 」

 

といいったものです。

 

しかしその方法では、犬をしつけるどころか余計に手に負えない犬の野生の本質を育ててしまっているのです。

 

「愛犬と楽しく豊かに一緒に暮らしたり、旅行に行ったりするのが夢だったのに・・・」


 「毎日犬と楽しくお散歩をするはずだったのに・・・」

 

今では、家族や近所に迷惑をかけ、癒しどころかストレスになってしまい、

 

毎日疲れてしまっている飼い主さんがとても多いのです。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD

 

 

 

しつけをした時のほうが余計に手に負えない犬になってしまうケースがたくさんあるのです。

 

野生の本能が強くなると、野生の特性である、人や犬に対して吠えたり、

 

動くものに対して向かっていこうとする行動(狩猟本能)が日に日にひどくなります。

 

犬が人間社会で生活する以上、犬の攻撃的な野生の部分は必要ありません。

 

大切なのは、愛犬が我慢して従うのではなく、「従うのがうれしい」という気持ちで、あなたと一緒にいられること

 

おやつやおもちゃを使ったしつけ方法は、飼い主の言うことをきけば、ご褒美をもらえるという、

 

獲物を獲得するゲームだと犬は捕らえています。

 

あなたの言うことに従っていると言うよりは、獲物がほしいから、オスワリなどの行動をしているだけで、

 

従っている訳ではありません。

 

おやつやオモチャを使って築いた愛犬との関係は飼い主さんを信頼して従っている「心」の関係ではなく、

 

おやつやオモチャがほしいから、従っているフリをしている「モノ」との関係なのです。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD

 

 

 

犬の訓練士に、しつけをしてもらいたいという方もいらっしゃいますが、よく考えて下さい。


 愛犬と信頼関係を築くのは、他でもないあなた自身です。

 

いくらしつけをトレーナーの人が教えても、あなたがしつけ方法や犬への接し方を学ばなければ、結局もとに戻ってしまいます。

 

つまり、

 

あなた自身が、ご愛犬と信頼関係をはぐくむためには、

 

あなた自身が、しつけ方、そして犬への接し方を覚える必要があるのです。

 

信頼関係が築できれば、問題行動を起こしていた犬でも、見違えるように穏やかで従順な良い子になります。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口コミ 妻に許してもらい離婚を回避する方法

f:id:hanamizuki99999:20161129115325j:plain

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

以前は司法書士として活躍していたため、たくさんの離婚現場に遭遇してきました。

 

 離婚調停や離婚裁判なども、依頼人と二人三脚で、数多くの事件を解決してきました。

 

そのため、離婚問題ついて、相談しやすい雰囲気があるのかもしれません。

 

しかし、いくら経験豊富で心理学をたしなんでいたといっても、知人の紹介です。

 

ご飯を食べたりお茶を飲んだりしながら、雑談のような形で相談にのっていました。

 

その中で妻から離婚をせまられている夫から


  「どうして妻は許してくれないのか」

  「こんなに一生懸命、謝っているのに・・・」


という相談はとても多くありました。

 

その謝罪したい気持ち、本当によくわかります・・・。

 

自分に罪の意識があるのだから、誠意を持って謝罪したいと。

 

そして、どんな償いでもするから、自分を許して欲しいと。

 

だから、離婚だけはしないで欲しいと・・・。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

 でも、考えてみてください。

 

ごめんですむなら、警察はいらないって格言(?)ありますよね。

 

「ごめんなさい」ですむなら、1年間に離婚件数が25万組もあるはずがありません。

 

「ごめんなさい」じゃすまないから、離婚の話しはもめるのです。

  離婚に限らず、どんな人間関係のトラブルでも「ごめんなさい」で済むことなどほとんどありません。

 

「ごめんなさい」じゃすまないから、人間関係はトラブル続きで、誰でも悩むのです。

 

  離婚に限らず、どんな人間関係のトラブルでも、ごめんなさいで済むことなどほとんどありません。

 

 

  「心から謝罪すれば誠意は伝わる」

  「冷静に落ち着いて話し合う」

  「心を開いて話し合えばわかりあえる」


なんてアドバイスがあったとしたら、それはありきたりの話しです。

 

もちろん落ち着くことは必要ですし、心を開くことも大切でしょう。

 

しかしそんな当たり前の話しで、妻の怒りが静まって許してもらえるなら、誰も離婚問題で悩んだりはしないのです。

 

真剣に反省しているから誠意ある対応をしようとしているのに、妻に許してもらえないから困っているのです。

 

そして妻に許してもらえないまま、とうとう離婚が成立してしまい、孤独でさみしい人生を過ごすことになるのです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

妻が怒っているのは


  「自分が浮気をしたから」

  「自分が妻に手をあげてしまったから」


と誰しもが答えます。

 

それではお聞きしますが、どうして妻はあなたの浮気に怒っているのですか。

 

 妻はあなたのことが大好きなのに、他の女性と仲良くしたのが気に入らないのですか。

 

大好きなあなたとケンカしたことがショックで、離婚するのですか。

 

そんなこと、絶対にありえないことぐらい、誰だってわかります。

 

つきあいはじめて間もないカップルじゃないんです。

 

結婚して何年もたてば、恋愛感情がなくなるのは誰でもわかる常識です。

 

それならば、妻はどうしてそこまで怒っているのか?

 

その理由を勘違いしているから、間違った対処法をしてしまうのです。

 

そしてもし間違った対処法をしてしまうと火に油を注ぐことになります。

 

 妻の怒りはさらに激しくなって、離婚は一気に加速します。

 

よくやる間違いとしては


  「母子家庭では生活が大変だよ」

  「女性は離婚すると経済的に損をする」

  「離婚は子供の教育によくない」


というものです。

 

これらの言い分は、ある一面でとても正しいので、
男性はついついこのようなことを妻に言ってしまいます。

 

しかしこのような発言は、時期やタイミングを間違えると、
妻の怒りはさらにいっそう爆発するのです。

 

実際「母子家庭では生活が大変だよ」等の発言で 妻を冷静にさせることは100%不可能です。

 

それどころか、かなり高い確率でさらに離婚が加速します。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

 

妻に離婚をせまられていてあせっている夫は、 このようなこともわからなくなっているのです。

 

このようなことは、怒りというのを心理学からきちんと把握すれば、 誰でもわかるようになります。

 

離婚を回避するのに一番いい方法は、 実際に離婚を回避できた人のやったことを、マネすることです。

 

人が怒る理由に、それほど大きな差はありません。

 

浮気やDVをされた妻が怒って離婚をせまる理由は、 A妻もB妻も大差ないに決まっています。

 

それなら妻の怒りを静めて離婚を回避できる方法だって、A妻もB妻も大差ないのです。

 

だから、難しい心理学の話しを、きちんと理解する必要などありません。

 

成功者は誰でも、他の成功者のマネをすることから始めます。

 

だからあなたは現実に離婚が回避できた人と、同じ事をすればいいだけなのです。

 

マネをするというのは、考えなくてもよいですから誰でも簡単にできることです。

 

そして成功事例のマネをするということは、はるか大昔からの成功法則の鉄則なのです。

 

私はこれまで、多くの「離婚したくない夫」の相談をたくさん受けました。

 

しかし、話している内容はほとんど同じです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

相談者は、個人的な事情を一生懸命話します。

 

しかし私は誰に相談されても、同じことばかり答えているのです。


「妻の離婚の決意は、本当にとても固いです。」

 

「こんな状態で、妻に離婚を取り下げてもらえるのでしょうか?」


ということを、必ず全員が言います。

 

 そして相談者は自分の悩みがいかに特殊であるかを話すのです。

 

 しかし私は「あぁ、また同じか」といつも私は思っています。

 

まずはじめに、離婚調停は1年間で約6万件ですが、 離婚調停で離婚が成立するのは約3万件です。

 

ということは離婚が成立しなかったあとの約3万件は、どうなったのでしょうか?

 

実は離婚調停が不成立となった約3万件のうち、約1万件は離婚裁判に移行して続けられています。

 

ということは離婚調停約6万件のうち約2万件は、離婚せずに元に戻っているのです。

 

だから、あなたは離婚回避という十分に可能性のあることをやろうとしているのです。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口コミ うつ病で障害年金を受給する方法

f:id:hanamizuki99999:20161122144715j:plain

うつ病障害年金を受給する方法

 

 

うつ病でも生活費を気にせず療養生活に専念したいとお考えの方
 障害年金2級(月額18万円)を受給できれば、それも可能です。


 経験豊富な社会保険労務士がそのお手伝いをします。

 

★ うつ病等の精神疾患を患い、傷病手当金で療養してきたが、
 支給開始日から1年6か月が近付いてきた。


しかし、当分は働ける見込みがない。


傷病手当金の支給がなくなった後の生活費が心配だ。


★ 前回、傷病手当金を受給してから1年6か月が経過している。


 今回、また、うつ病等の精神疾患が再発した。しかも、とても働ける状態ではない。


傷病手当金は、再度受給出来ない。

 

 療養生活に専念したいが、生活費が心配だ。


★ 自営業、無職、主婦、非正規労働者であったため、傷病手当金を受給出来なかった。


 初診日から1年6か月以上経過したが依然として働ける状態にない。


障害基礎年金を受給し、生活費を確保したい。


このような場合、障害年金2級の受給を目指すことが一番の近道です。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

うつ病で障害年金を受給する方法

 

 

 障害厚生年金2級を受給することができれば、月額約18万円
 (配偶者、18歳未満の子供が2人いる場合)の生活費を手に入れることが出来ます。

 


なお、障害年金所得税地方税の税金がかかりませんので、
この金額はそのまま手取金額となります。

 

 

 障害年金2級を受給出来るような申請書類(特に診断書)を準備するにもノウハウが必要です。

 


 個人の方が、なかなか、障害年金2級を受給できないのは、このノウハウをご存じないからではと思います。

 

 

最近、うつ病等の障害年金の認定が厳しくなったと聞きますが……


そうなのです。以前なら2級と認定された方が3級と認定されるケースが増えています。


どういうケースかというと、初診日から1年6か月しか経過していない段階で、 障害年金の申請をされる方に多いようです。


障害年金の審査で、病歴の長さも考慮にいれるようになったと感じています。


どうしてこうした事態が生じたのでしょうか?

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

うつ病で障害年金を受給する方法

 

 


2014年以降は、団塊の世代の多くが65歳以上となり、老齢年金の支給が急増したため、老齢年金、障害年金、遺族年金の合計給付額が急増しています。

 


このうち、老齢年金、遺族年金は書類が整っていれば、問題なく給付される年金です。


年金制度を維持するためには、支給する年金額の増大を出来るだけ抑えることが必要になっています。


そのため、障害年金の新規請求の審査が厳しくなってきたものと推察されます。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

うつ病で障害年金を受給する方法

 

 

障害年金でも身体に係るものに関しては、一定の検査数値の基準を満たせば、ほぼ自動的に障害認定されます。


うつ病等の精神疾患の場合は、こうした検査数値で障害等級が
判断されるものではないため、審査が厳しくなってきているわけです。

 


さらに、最近うつ病等の精神疾患に罹る人が増加し、精神疾患での障害年金申請が増加していることも、審査が厳しくなった一因と考えられます。

 


従来なら障害等級2級と認定された人が障害等級3級と認定されたり、障害等級3級と認定された人が不支給と認定されるようになった話を同業の社会保険労務士仲間からよく聞くようになりました。

 


このマニュアルでは、こうした傾向を踏まえ、うつ病等の精神疾患でも、障害等級2級受給を実現出来るように工夫しております。

 

 

詳しく読む

↓ ↓ ↓

うつ病で障害年金を受給する方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

評判 【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者の澁川良幸が満を持して遂に公開!

f:id:hanamizuki99999:20161121102556j:plain

【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者の澁川良幸が満を持して遂に公開!

 

 

私は、やみくもに離婚を勧めるものではありません。


しかし、相談者から「離婚したい」と言われれば、早期に、そして好条件での離婚に持ち込むためのアドバイスをさせていただいております。

 


 私は、何かと評判の良くない「別れさせ屋」ではありません。


 私は、離婚カウンセラーです。


プロの離婚カウンセラーとして、他の方が何と言おうとあなたの希望を叶えることだけが使命と考えています。


あなたが、「弁護士に相手にされなかった」、


あるいは「裁判で負けた」といった状況にあっても、ぜひ、
 本サイトにかけてみてください。


2万人を超える離婚相談を受けてきた実績から、あなたに、3日以内に離婚できる方法をご提案させていただきます。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者の澁川良幸が満を持して遂に公開!

 

 


離婚110番 澁川良幸


なぜ、早ければ3日で離婚できるのか、その理由を本サイトで、全て明らかにします。「離婚したい」分かりました。

 

その想い、私に任せてください。

 

はじめまして、離婚110番の澁川良幸と申します。

 

f:id:hanamizuki99999:20161121102807j:plain

 

 

離婚カウンセラーとして、今までに2万件を超える相談を受けてきました。

 

相談を受けに来られる方は、一様にこじれた案件ばかりでした。


普通離婚問題で悩んでいたら、弁護士か行政書士、あるいは行政の相談所に行きますよね。

 

そういったところで、解決できなかった方たちが私のところにいらっしゃいます。


もう、皆さん疲れ果てておられます。何をやってもうまくいかなかったのですから、想像に難くないと思います。


当然、その人たちの問題を解決することは容易なことではありません。


でも、私は相談に来られる方のお話しを聞き、そして最善の結果になる方法をご提案し、そして実現してきました。

 

「離婚したい」という方であれば、本サイトでお伝えするように、3日で離婚できる方法をアドバイスしています。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者の澁川良幸が満を持して遂に公開!

 

 


今では、私のことが口コミで広がり、北は北海道から南は九州、沖縄まで、さらに海外からも多くの方がご相談に来られています。

 

あなたも、「離婚したい。でもなかなかできない」と悩んでおられるのでしょうし、おそらく、簡単に離婚できる状況ではないのでしょう。

 

 

でも、過去2万件以上の案件を解決してきた私なら、
きっとあなたの問題を解決する方法をご提案できると思います。


どんなに離婚することが難しい状況であっても、
最短3日で離婚できる方法をアドバイスできるでしょう。


任せてください。

 

もう、ひとりで悩む必要はありません。


本サイトは「離婚したい女性」へのメッセージです。

 

離婚しにくい日本で、本当に悩んでいる方に読んでいただきたいと思います。

 

私は、本当に多くの方の離婚問題について相談させていただきました。

 

相談に来られる方には、大きく分けて以下の4つのパターンがあります。□離婚したい男性。□離婚したくない男性。□離婚したい女性。□離婚したくない女性。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者の澁川良幸が満を持して遂に公開!

 


私は数年前、私のところに相談に来られない方のため「15,000人の離婚問題解決法」というノウハウを公開させていただきました。


このノウハウは、上記の4つのパターン、全ての方にご利用いただけるものでした。

 

お陰さまで、ネット販売のノウハウとしては異例の売上を記録し、今更ながら離婚問題で悩む人の多さを再確認しました。


今回、本サイトでご案内するのは「離婚したい女性」に向けたものです。

 

日々離婚相談を受ける中で、「離婚したい女性」が離婚問題を抱えておられる人の中で最も多く、そして悩みも深いと感じたからです。


理由をお話しします。


日本の法律は以前と変わってきたとはいえ、まだまだ離婚しにくい状況にあります。

 

 

「司法は家庭に入るべからず」という言葉があったように、昔は家の中なら例えご主人が奥さんに血を流すような暴力をしたとしても、警察は「家庭のことは家庭で始末をつけて」といった有様でした。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者の澁川良幸が満を持して遂に公開!

 

 


現在は、DV法もでき改善されましたが、それでも日本は簡単に離婚できる国ではありません。

 

「夫の浮気に我慢できない」

 

「夫の暴力やモラルハラスメントに耐えられない」

 

こういった状況がある女性の多くは、じっと耐えて我慢しているのです。


離婚できれば、新しく明るい第2の人生が待っているにもかかわらず・・・。

 

ですから、「離婚したい女性」向けに、もっと早く、もっと確実に、もっと希望に沿った「離婚する方法」をまとめさせていただこうと思ったのです。


本サイトで書かれていることは、ずっと悩み続けた人の多くが3日で離婚できた方法です。


もし、あなたが下記のようなことで悩んでおられるのなら、必ずやお役にたてると思います。

 

離婚したいけど、何からやっていいかわからない。


当然です。


離婚のプロなんていません。


ほとんどの方が、初めての経験ですから分からないことだらけだと思います。


でも、大丈夫です。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者の澁川良幸が満を持して遂に公開!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。